【スマホ乗換】亡くなった母のスマホ解約。ドコモからHISモバイルへ乗換しました!!

phone-contact 101 スマホ タブレット

亡き母の携帯番号を残してあげたい

本来なら亡くなった母のスマホは解約したら使う事はありません。

しかし誰かから連絡あるかもしれない

出来れば残してあげたいな

携帯番号、LINE、写真などを残したまま安く維持したいな

と思うようになりました。

ドコモで解約手続、名義変更。

まずドコモで母のスマホを解約しました。

その後に息子である私に母から名義変更しました。

ドコモの窓口で対面形式で進めました。

最初に身分証(運転免許証)の提示を求められました。

解約についての説明を受けて最後にサインして

名義変更の説明を受けて最後にサインして

を繰り返し1時間ちょっとかかって

解約、名義変更の手続きを終えました。

ドコモでMNP番号の発行

その後にMNP番号を取得して他社に乗り換える事にしました。

MNP番号とはドコモから他社へ乗換の為に必要な番号です。

MNP番号は2週間有効との事です。

2週間以内に他社に移動する必要があります。

もし2週間過ぎてしまった場合はドコモとの契約が継続されるようです。

ドコモから他社へ移行(2週間以内)

ドコモショップをハシゴして相当疲れていましたが

帰宅してから他社のプランをネットで調べ始めました。

睡眠不足になるほど長時間調べてました。

MNP番号の有効期限は2週間ありましたが、

1日でも早くドコモから他社へ移りたかったのです。

理由としてドコモにマイナスイメージを持ってしまったのです。

午前中からドコモショップに行ったけど

予約しないとすぐに対応できない、と言われました。

こちらの事情(故人の解約)を話してもすぐに対応できません

と言われました。

窓口は混み合っている様子もなく半分以上空いていたのに

とても残念に思いました。

あとは解約時、故人のたまっていたドコモのポイントも

使えないまま解約しました。

とにかく残念で悲しくなる事ばかりでした。

コロナが流行してるとはいえ、こちらの事情もわかって

もう少し迅速に対応して頂きたかったです。

ドコモポイント、本人以外は使えない

ドコモの規定で亡くなった人のポイントは

身内、親族であっても使えないそうです。

本人だけしか使えないそうです。

今回の場合、ポイントをためていた母(本人)以外は使えないそうです。

名義変更後に契約を継続しようと思ってましたが

ドコモだと最安プランでも月額2,000円くらいかかると言われました。

正直、このご時世に高いと感じました。

あとは20年以上、契約を続けたけど何も恩恵はありませんでした。

また解約時に感謝の言葉すらなかったのです。

これらがドコモから早く他社に移りたいと思った理由です。

楽天モバイル、POVOなどが候補だったが…

早速ドコモ以外の他社を検討しました。

条件は月1,000円以内で契約して維持可能なところです。

候補は楽天モバイル、LINEMO、POVOなどでした。

楽天モバイルはベストでした。

1GBまでなら0円だからです。

母のスマホは待ち受けだけなので1GBあれば通信料は十分です。

また楽天リンクを使えば通話も無料でいけます。

0円で運用出来るかもしれない!と詳しく調べてみました。

しかし残念ながら楽天モバイルの0円運用はダメでした。

同名義だと2回線目から最低1,000円くらいかかってしまうと書かれてました。

私の場合、すでに楽天モバイル1回線を既に持っていたのです。

楽天モバイルでは同一人物が2回線を持ったら、通信しなくても

月々1,000円くらい負担しなくてはならないと書かれていました。

楽天モバイルは月々1,000円かかるなら他社も検討しようと更に調べてみました。

POVOは使った分だけ支払うという新しい料金体系でおもしろい!と思いました。

au回線で2021年からスタートしたそうです。

若年層に人気があり契約は全てオンラインでした。

乗換先はHISモバイルに!月々1GB・580円!

時間をかけて他社プランを色々と調べました。

最終的にHISモバイルにしました。

条件として月々1,000円以内、1GBくらいほしいと思ってました。

条件が合致したのがHISモバイルだったのです!

月々1GB・580円です。

縛りありません。

最安ならば他社で0.5GBで500円のプランもありました。

しかし1GBは欲しいし100〜200円の差ならと思い

HISモバイルに決めました。

月々580円、年間コストは約7,000円です。

母が亡くなってから3ヶ月くらいスマホを使ってないのにドコモに

月々約8,000円を払っていた事を考えると、かなりコストダウンになりました。

ドコモからHISモバイルに乗り換えて、月々の支払いが

約10分の1なりました。

電話、LINE問題なく使えています!

月々数百円、ワンコインで大丈夫かな?

使えるのかな?

正直と不安な部分もあり契約しました。

縛りがないので、もし通信状況が悪ければ

すぐにまた他社に乗り換えようと思ってました。

実際2カ月ほど使ってみましたが、電話・LINEも問題なく使えています。

デメリットをあげるとすれば、ドコモのキャリアメール(docomo.ne.jp)が

使えなくなった事くらいです。

母の場合キャリアメールはもともと使っていなかったので全く問題ありません。

こんな事なら生前からドコモから他社に乗換してあげれば

良かったなと今更ながら後悔しています。

面倒なのはオンライン手続きです。

オンライン手続後にSIMが送られてきます。

このSIMの入替を自分でやらなくてはならない事です。

親世代はオンライン手続きが厄介なところだと思います。

親世代は顔の見えないオンライン契約には抵抗があるのでしょう。

やはり人と対面で窓口で契約したい、使い方を聞きたい、というのが

根強く残っていると思います。

スマホ料金は政府の要望もあり全体的に下がったと思います。

しかし高齢者の方々はプランの見直しなどせずにずっと使い続けていて

高い通信費を払い続けている事もあると思います。

私の母も高い通信費を払い続けていた事が、亡くなってからわかりました。

通信量を使ってないのに月額を払い過ぎている場合、

プランの見直しは必要だと思います。

この記事を読んで頂いて、少しでも誰かの役に立てたなら嬉しいです。

今日も最後まで読んで頂きありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました